「彼氏のためにキャッシング」はアリ!?

急にお金が必要になること、ありますよね。彼氏に「5万円でも10万円でもいいから貸してほしい、必ず返す」と言われたら、どうしますか。貯金があれば貸しますか?キャッシングをしてでもお金を用意しますか?
自分名義でキャッシングをして、そのお金を彼氏に貸してあげた場合、順調に返してもらえれば良いのですが、返してもらえなくてもどんどん利息が加算されていきます。キャッシングをした本人(名義人)が返さなくてはいけないので、自分自身が返済をしていくことになってしまいます。
個人間の貸し借りは口約束でも成立しますが、金銭関係はいちばんトラブルの多いもめ事です。借用書などの証拠を作成したとしても、返してもらうには裁判などの手続きをしなければ訴えることができません。金銭絡みの信じられない事件も多発していますので、くれぐれもトラブルに巻き込まれないよう、個人間では貸すのも借りるのも控えた方が無難です。キャッシングは、無理のない範囲で行いましょう。

キャッシングのシミュレーションで重視するポイントは

キャッシングのシミュレーションをする理由は、無理なく返済できる計画を立てるためなのです。
返済期間を延ばせば楽に返済できますが、これをやると利息が増えてしまいます。
利息を減らすためには短期返済、1回返済がポイントとなるため、事前にシミュレーションをして返済期間・回数を抑えていくことです。

キャッシングの金利はやや高めに設定されており、フリーローンと比べても高金利になっています。
消費者金融の金利は大抵の業者が18%にしており、自動車ローンや教育ローンよりも随分と高金利です。
だからこそ利息を抑えるために、長期借入を避ける必要があるわけです。

キャッシングのシミュレーションは、公式サイトで行うことができます。
完済までの利息計算をしておけば、長期返済をするほど損だと気づくことでしょう。
短期返済をするためには、希望額の設定が鍵となります。
たくさん借りないことが利息を抑えるために一番大切であり、そのためには多めに借りようとしないことです。